So-net無料ブログ作成

軍師官兵衛 あらすじ 4話 [軍師官兵衛]

NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 あらすじ 4話

第4話 1月26日放送

「新しき門出」

家督を継いだ官兵衛は運命のひとに出会う!

30198524_193x291.jpg【放送時間】
日曜日
<総合> 夜 8:00~8:45(初回のみ60分)
<BSプレミアム> 午後6:00~6:45

土曜日(再放送)
<総合> 午後1:05~1:50






~~~あらすじ~~~
永禄10(1567)年。

室町幕府再興を狙う足利義秋(義昭=吹越満)が、
各大名に助力を求める書状を書き送っていた。

その書状が御着の政職(片岡鶴太郎)の元に届く。

しかし、同じ書状は職隆(柴田恭兵)の元にも届いており、
政職は思案する。

下克上の世にあって、官兵衛(岡田准一)の主君・政職は
正室・お紺(高岡早紀)との間に生まれた嫡男の将来を考え始める。

外様の職隆ではなく、子飼いの優秀な家臣・官兵衛を重用するため、
縁戚である左京亮(益岡徹)の娘・力(酒井若菜)と政略結婚させようとするが、
官兵衛が先に出会ったのは妹の光(中谷美紀)だった。

しかし、兄の左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛へ力を嫁がせることに大反対。

また、力も嫌だと自害しようとする。すると光は、自分が官兵衛に嫁ぐと言う。

<番組情報及びあらすじは公式サイトより引用>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。